1. TOP
  2. 主婦のお金の悩み
  3. 【経済的DV】共働きで生活費がもらえない!被害者が語った恐ろしい旦那の実態

【経済的DV】共働きで生活費がもらえない!被害者が語った恐ろしい旦那の実態

夫婦で共働きをしていると生活費をもらえないのは普通なの?

今回ご紹介するご相談者さんは、現在は育児中のため専業主婦なのに夫から生活費がもらえず、働くことを強要されているといういわゆる経済的DVの被害者。

経済的DVは、どこからが該当するのかが明確ではないため、こうした妻の悩みは後を絶ちません。

もしかしてうちも・・・?と思ったら、我慢せずに早めに対処していきたいものですね。

【経済的DV】共働きで生活費がもらえない

「生活費がほしい」さんのデータ
・結婚して8年
・子ども2人(2歳と6歳)
・現在は専業主婦

共働きだと、夫から生活費をもらったことがないのですが、これって最近よく見聞きする経済的DVにあたるのでしょうか?

主人は普通に仕事をしていますしお金がないわけではありませんが、私はいわゆる『生活費』というものをもらったことがありません。

共働きならどこの家庭でもこれが普通なのでしょうか?

妻が働いている場合は夫から生活費はもらえないものですか?

私たち夫婦は今年で結婚8年目、2歳の息子と6歳の息子と主人の4人家族です。

私は現在、育児中のため仕事はしていません。

年明けに引っ越すことになりましたが、主人の雑費以外は私が払っているので生活がさらにきつくなるのではないかと不安です。

下の子がまだ2歳なので、働きに出られるようになるまでは私も決まった収入がありません。

そこで、毎月生活費として(家賃は私の貯金で支払うつもりです)10万円欲しいと言ったのですが、「決まった収入がないと困るから、子ども保育所に預けてすぐに働け」と言われてしまいました。

働いたら働いたで10万円はもらえないと思います。

これって普通のことなのでしょうか?世間の一般常識ではどうなのでしょうか?

主人は周りは皆うちと同じだと言いますが皆さん離婚されています。

経済的DVという言葉を知ってからは、うちはこれにあたるのではないかと思いはじめています・・・。

経済的DVって?

近年、問題視されている『経済的DV(ドメスティック・バイオレンス)』ですが、配偶者の金銭的な自由を奪う行為は経済的DVに該当します。

そのため、この方の場合は経済的DNを受けていると言えます。

該当する行為には様々なものがありますが、この方のケースのように生活費をもらえなかったり、妻に金銭的な自由が全くなかったりすれば該当します。

また、夫が収入を明かさない、無断で借金する、一方的に労働を強制するなどの行為も経済的DVにあたります。

ご質問者さんの場合は、生活費がもらえない上に労働を強制されているのですから、早めに周りの人に相談するか相談機関へ行かれることをおすすめします。

どこから経済的DVに該当するの?

ただ、世帯によってそれぞれ収入が異なりますし、金銭的な自由と一口に言ってもそもそも自由の定義自体があいまいですから、ここからが経済的DVに該当するという明確な線引きをするのは困難ですよね。

ですが、この方のように妻が専業主婦であれば夫の収入は家族のもの。

それなのに家族が困っているのを知りながら生活費をわたさないというのは立派な経済的DVです。

そもそもDVとは、加害者が被害者を恐れや恐怖などの逆らえない感情によって支配することからはじまります。

そのため、本人だけで解決するのは難しい場合も多く、家族や友人をはじめ相談機関など第三者による協力やサポートも必要です。

専業主婦なのに夫から生活費をもらえないのは決して普通のことではありません。

同じ女性として、このような横暴な行為が一刻も早く解決され、悩みのない生活がおくれることを願うばかりです。

関連記事

  • 妊娠中に働けという夫。妊婦の大変さを理解せず「何が何でも働け!」と強要され・・・

  • 生活費しかくれない旦那。夜間授乳中なのに食費がないと言ったら「なら働けクズ」と言われ・・・

  • 経済的DVは離婚の理由になる?生活費をわたさず自分を正当化する夫に追い詰められ・・・

  • 金銭感覚がおかしい旦那とは離婚するべき?無職の夫に浪費癖を改めてもら方法は?

  • 妊娠中なのに生活費をくれない旦那。収支を計算したいから給与明細を見せてほしいとお願いすると・・・

  • 旦那から生活費いくらもらってる?足りないけれど言い出せない妻の苦悩